ごせんちめーたー

上海在住新大阪人(一時帰国中)。妊娠中にTOEIC初受験し、970点達成しました。

グアム旅行でビザ・ESTAは不要。その理由は?

calendar

reload

グアム旅行でビザ・ESTAは不要。その理由は?

新婚旅行でグアムに行くために着々と準備を進めていますが、日本国籍者がグアムに行くのにVISAやESTAは必要なのかな?という疑問が出てきました。

結論

VISAは必要ありません。

ESTAも必要ありません。

用心深い私は、「なんで必要ないの?」と言うところまで知らなければ気が済みません。論理的に、「グアムに行くのにVISA・ESTAは必要ない」と言える理由をまとめました。

SPONSORED LINK

グアムはどうしてVISAが不要なのか

単刀直入に言うと、「日本人はアメリカにノービザで90日滞在できるから」です。アメリカ領地であるグアムに短期で旅行に行く場合は、ビザは必要ないのです。

この制度を、ビザ免除プログラム(VWP)と言います。これは、特定の国籍の人のみが利用できるアメリカ渡航プログラムで、日本を始め、韓国、台湾(中国本土は対象外)等が対象国となっています。

<ビザ免除プログラム(VWP)対象国一覧> *2017年1月

アンドラ
オーストラリア
オーストリア
ベルギー
ブルネイ
チリ
チェコ
デンマーク
エストニア
フィンランド
フランス
ドイツ

ギリシャ
ハンガリー
アイスランド
アイルランド
イタリア
日本
ラトビア
リヒテンシュタイン
リトアニア
ルクセンブルグ
マルタ
モナコ

オランダ
ニュージーランド
ノルウェイ
ポルトガル
韓国
サンマリノ
シンガポール
スロバキア
スロベニア
スペイン
スウェーデン
スイス
台湾*
英国**

このプログラムを利用してアメリカに渡航し、90日以下の日程で滞在する場合は、VISAの申請は必要ありませんが、ネット上でESTA(エスタ)という旅行許可を取る必要があります

SPONSORED LINK

ESTAって何?

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。

-在日米国大使館-ビザサービス-ESTA申請

https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

VISAのような複雑な手続きは要りませんが、ネット上で申請をし、渡航認証を受けます。14ドルの申請料金をクレジットカードで支払います。申請すると、およそ3日で結果が分かるそうです。

大半の場合、電子渡航認証システムでは、申請情況について即時に返答があります。電子渡航認証の申請手続きに長時間を要する場合もありますが、通常回答は72時間以内に返信されます。

Department of Homeland Security-よくある質問 (2017.1.20)

ビザ免除プログラムではESTAが必須条件

ビザ免除プログラムを使い、90日以下の日程でアメリカに渡航するには、事前にネットで電子渡航認証(ESTA)を取得します。ESTAは必須です。これがなければ、ビザ免除プログラムは発動しません。

しかし、そんなESTAも、グアムに行く場合には必要なくなります!

SPONSORED LINK

グアムはESTA申請も不要

グアムでESTA申請が不要なのはなぜでしょうか?それは、グアムには特別なビザ免除プログラムがあるからです。2009年11月28日から始まった、新グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)です。

このプログラムの参加国に、日本が含まれています。

グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)参加国 *2017年1月

オーストラリア、ブルネイ、香港、日本、マレーシア、ナウル、ニュージーランド、パプアニューギニア、韓国、シンガポール、台湾、イギリス

SPONSORED LINK

グアムはVISA・ESTA不要。ただし条件付き

グアム滞在期間は45日以下であること

グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラムはVISA・ESTA不要ですが、グアムや北マリアナ諸島へ45日以下の商用または観光で渡航するためのプログラムです。通常のビザ免除プログラムでは、90日以下の滞在が可能ですが、グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラムはぐっと短くなりますね。

グアム往復の航空券購入済みであること

日本国籍者がグアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラムを利用して、ビザ・ESTAなしで45日以下滞在するためには、グアム到着日と出発日が確認できる往復航空券を購入済みである必要があります。

これは、グアムあるいは北マリアナ諸島での滞在予定期間が45日を超えないことを証明するための資料となります。

パスポートがICチップ付きであること。

自分のパスポートがICチップ付きかどうかは、パスポート表紙を見れば確認できます。

SPONSORED LINK

グアム旅行にビザ・エスタ取得は必要ない理由まとめ

日本国籍の場合、

  • 45日以下の観光滞在
  • グアム往復航空券を買っている
  • パスポートがICチップ付き

の3条件をクリアすれば、わずらわしいビザもESTAも申請不要!気軽にグアム旅行を楽しみましょう♪

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




著者について

由子

由子

中国上海在住。大都会上海が大好き。新海誠監督の「秒速5センチメートル」が好き過ぎるので、ブログ名にしてしまいました(o^^o)
日本と海外両方を拠点に生きるための便利情報、日常で気になるアレコレ、を独自の視点で発信しています。
中国語HSK5級、TOEIC970点を1回で取得。最近はTOEIC受験対策中心に記事書いてます。 [詳細]

folder ★★フラワーアレンジメント・生け花

【フラワーアレンジメント】オアシス(給水フォーム)の作り方
more...