ごせんちめーたー

上海在住新大阪人(一時帰国中)。妊娠中にTOEIC初受験し、970点達成しました。

【フラワーアレンジメント】オアシス(給水フォーム)の作り方

calendar

reload

【フラワーアレンジメント】オアシス(給水フォーム)の作り方

フラワーアレンジメントのベース(土台)としてよく使われる緑色のスポンジは、よくオアシスと呼ばれます。

正式名称は、メーカーやアレンジメント本によっても異なっていますが、よく見るのは以下の3つです。

  • 吸水性スポンジ
  • 吸水フォーム
  • フローラルフォーム

「オアシス」は正式名ではなく通称なんですね!

「オアシス」の由来は、その名の通り、砂漠のオアシス的な、お花の生命のより所のようなイメージがありますが、吸水性スポンジのメーカー名でもあるんですね。

お花が生き生きとするために必要な、大切なオアシス!

そう思うと、オアシス作りはお花のために慎重に丁寧に行わなければ、と身が引き締まります ♥

今回は、初心者でもフラワーアレンジメントが簡単にできるようになる、オアシスの使い方についてまとめてみました。

SPONSORED LINK

フラワーアレンジメント、オアシスの下準備

▲買ってきたオアシスは、そのままではこんな感じのブロックです。

ただのスポンジブロック状態から美しいアレンジメントへ変身させるには、正しい方法で下準備をする必要があります。

まずは、フラワーアレンジメントのベースとなる器を選びましょう。

▲今回こういうのを選びました。

▲器の大きさに合わせて、カッターナイフでスポンジを切ります。粉が落ちるので、紙を敷いた上でやると片付けやすいです。さらにスポンジを回しながら切ると、粉が落ちにくいです。

スポンジの大きさのポイントは:

  • 器の中にすっぽり納まること。
  • 高さは器より少し高めになること。(器に入れてからさらに上部を切って形を整えるため!)

このあと水を吸わせますが、吸って膨らむわけでもなんでもないので、切り取った時の形がそのまま残ります。小さすぎたり大きすぎたりしないように、器に出し入れして確認しながら切りましょう。

SPONSORED LINK

フラワーアレンジメント、オアシスに水を吸わせる方法

▲切ったオアシスが丸々入る大き目の容器に水を入れ、上からポンとオアシスを置いてください。つまり、浮かべてください。そうすると、だんだんとオアシスが下から水を吸い、沈んでいくのが分かります。沈みきるまで待ちましょう

このときの注意事項は:

  • 浮かべたら一切触らないこと。静かに見守る!!

なぜかと言うと、オアシスに一気に水をかけたり急にぬらしたりしてしまうと、奥まで水を吸収できなくなってしまうからです。これ、嘘じゃなくて、本当ですよ~

つまりは、ゆっくり吸わせるのがポイントです。

▲完全に沈みきったオアシス

▲水を吸ったオアシスを持ってみると、めちゃくちゃ重いです。

▲出来上がったオアシスを器に入れます。なお、かごタイプ、紙箱、穴の開いた陶器など、水漏れが心配な容器の場合は中に防水処理をします。ここではビニール袋を貼っています。オアシスに角があるとお花がさしにくい場合、カッターで表面を丸くカットしましょう。今回はカットせずにこのままいきます。

お花をさして。。。。出来上がりました↓

▲お好きな感じにお花をさしていきます。できあがるとこんな感じ!

▲こちらは別バージョン。リボンワークも取り入れると華やか!

SPONSORED LINK

オアシスは再利用できるのか?

単刀直入に。

再利用できませんよ~

理由は二つ。

①一度水を吸ったオアシスは、乾燥するともう二度と水を吸わなくなってしまうのです。オアシスの性質です。

②お花をさした後の穴は、ふさがりません。穴だらけのオアシスで次のアレンジメントはできませんよね。

もったいないかもしれませんが、潔く捨てましょう

SPONSORED LINK

オアシスの捨て方

使い終わったオアシスは、よく絞って、完全に水を切ってください。そして乾燥させてからゴミとして捨てましょう。一般的には「もえないごみ」ですが、分別方法は場所によって異なる可能性があるので、お住まいの自治体にきちんと確認してください。

SPONSORED LINK

オアシスの買い方

ホームセンターには必ずありますし、ダイソーに売っている場合もあるようです。まとめ買いするならネット注文が便利です。

  • 吸水性スポンジ
  • 吸水フォーム
  • フローラルフォーム

などのワードで探せばあります。

まとめ

フラワーアレンジメントは、材料さえそろえればとっても簡単。

もちろん、お花を長持ちさせたり、生き生きさせるための、ちょっとしたコツは必要ですが・・・この趣味の良いところは、お花をどんな風にアレンジしようと、自分の好み次第なので「正解がない」こと!

いわゆるプロと呼ばれる人の作品でも、「え、その色とその色合わせるの??」というような不思議な組み合わせのものがたまにあります。それでもその意外性がかえってかっこいいのか、それなりのハイセンスなものが仕上がっているから、やっぱりプロはすごいです!

まずはオアシスだけは完璧に作れるようにして、自分のフラワーワールドを思いっきり楽しみたいですね♪

この記事をシェアする

著者について

由子

由子

中国上海在住。大都会上海が大好き。新海誠監督の「秒速5センチメートル」が好き過ぎるので、ブログ名にしてしまいました(o^^o)
日本と海外両方を拠点に生きるための便利情報、日常で気になるアレコレ、を独自の視点で発信しています。
中国語HSK5級、TOEIC970点を1回で取得。最近はTOEIC受験対策中心に記事書いてます。 [詳細]

folder ★★フラワーアレンジメント・生け花

【フラワーアレンジメント】オアシス(給水フォーム)の作り方
more...