ごせんちめーたー

上海在住新大阪人(一時帰国中)。妊娠中にTOEIC初受験し、970点達成しました。

海外在住の日本人も現地で母子手帳がもらえます。

calendar

reload

海外在住の日本人も現地で母子手帳がもらえます。
SPONSORED LINK

「20年をつづる母子手帳」が無料でもらえるよ

「20年をつづる母子健康手帳」は、もともと海外居住の日本人妊婦さんに無償で配布されているものです。今現在、「日本人海外居住者なので無料の20年をつづる母子手帳が欲しいです」という人はどこでどんな風にもらうのでしょうか。

関連記事「20年をつづる母子健康手帳」入手困難?どこで手に入れる?

「20年をつづる母子健康手帳」を無料でもらう方法-海外在住者

「20年をつづる母子健康手帳」の海外配布について、親子健康手帳普及協会及び外務省は次のように述べています。

外務省を通じて、2017年度版は1万5千冊の「20年をつづる母子健康手帳」を配布いたします。

親子健康手帳普及協会 (アクセス日:2017.02.25)

一般社団法人親子健康手帳普及協会(以下,親子健康手帳普及協会)より,海外に居住される邦人の妊婦の皆様へ母子手帳(親子健康手帳)を無償にて提供したいとの申し出があり,日本大使館・総領事館等において皆様にお届けすることとなりました。

外務省-母子健康手帳(親子健康手帳)の配布のご案内 (アクセス日:2017.02.25)

ということは海外現地の大使館・領事館へのお問い合わせが一番確実です。中国上海在住の私は、上海の日本国領事館に問い合わせてみました。

在上海日本国領事館に問い合わせてみたら答えはYesだった。

電話先であっちこっちにたらい回しにされましたが、領事館では母子手帳を配布していると教えてもらいました。

TawnyNina / Pixabay

上海で母子手帳がもらえる領事館はどこにあるの?

上海住みの人なら日本領事館は縁があると思いますが、「本館・広報文化センター」及び「別館 領事部門」の、2つの事務所が存在します。母子手帳を配布しているのは「別館 領事部門」です。

別館住所: 中国上海市延安西路2299号上海世貿大厦13階

母子手帳をもらうために必要なもの

母子手帳をもらうために何を持って行く必要があるのか、問い合わせて確認しました。

パスポートのみです。

他のものは一切必要ありません。

SPONSORED LINK

パスポートを持って領事館に母子手帳をもらいに行こう!

日本人が海外で妊娠したら、領事館に母子手帳をもらいに行けますね。母子手帳配布条件として、「パスポートのみ」なのも非常に簡単!

海外で生活をしていてこれから子供が欲しい人にとっては有用な情報がたくさんあるだろうし、母子手帳があることで、いろんな心構えができるはずです。日本では販売休止になったりする「20年をつづる母子手帳」ですが、海外にいるからこそ無償でもらえるものなので、有効活用しましょう。

【上海】20年をつづる母子手帳を無料でもらってきた。

この記事をシェアする

著者について

由子

由子

中国上海在住。大都会上海が大好き。新海誠監督の「秒速5センチメートル」が好き過ぎるので、ブログ名にしてしまいました(o^^o)
日本と海外両方を拠点に生きるための便利情報、日常で気になるアレコレ、を独自の視点で発信しています。
中国語HSK5級、TOEIC970点を1回で取得。最近はTOEIC受験対策中心に記事書いてます。 [詳細]

folder ★★フラワーアレンジメント・生け花

【フラワーアレンジメント】オアシス(給水フォーム)の作り方
more...