ごせんちめーたー

上海在住新大阪人(一時帰国中)。妊娠中にTOEIC初受験し、970点達成しました。

「20年をつづる母子健康手帳」入手困難?どこで手に入れる?

calendar

reload

「20年をつづる母子健康手帳」入手困難?どこで手に入れる?
SPONSORED LINK

20年使える母子手帳の魅力

先日、20年使える母子手帳が存在し、人気過ぎて販売休止になったというニュースを見ました。母子手帳を20年使うとは、なんて良いアイデアなんでしょう。「いいね!」を100回押したいくらい。

なぜそんなに絶賛するのかというと、大人になってから、自分自身の体のことを知るために母子手帳を見る機会があったからです。

風疹の予防接種を受けたのかどうか知るために、自分の母子手帳が役立った。

私は、自分が風疹の予防接種を幼少期に受けたのかどうかを知るために、自分の母子手帳で調べたばかりです。その結果、幸いにも、風疹予防を含むワクチン「MMR」を受けていたことが母子手帳にしっかりと記載されていました。

関連記事風疹の予防接種を受けたかどうか調べる方法。「自分の母子手帳の見方」を知ろう。

↑平成3年9月に、「麻しん(はしか)風しんおたふくかぜ混合ワクチン」(MMR)を受けていたことが記載されていた母子手帳のページ。当時住んでいた町の町長印も押してある。

母子手帳が手元にあったからすぐに確認できた。

子供がほしいと思い始めた時に、妊婦が風疹にかかると胎児の健康状態に影響を及ぼすと知り、急に自分の予防接種状況が気になりだしたのです。そんな時、家に母子手帳があることを思い出し、すぐに確認しました。

自分の手元に母子手帳があるという状況は、本当に心強かったです。

私は自立してからずっと母子手帳は自分で管理をしてきました。でも、これまで全く見ようとも思わず、特に知りたい情報もなく、家においてあるだけでした。27歳というタイミングで、自分の母子手帳がこんなにも役に立つとは思いませんでした。改めて、母子手帳が手元にあって心から良かったと思っています。

SPONSORED LINK

母子手帳を20年間つづることの意味

一生ものの母子手帳だからこそ、20年を記録したい

母子手帳が大切だと思うのは、いざという時に自分の子供時代の健康状態や治療・予防接種の記録を参照できるからです。しかし、この子供時代という定義はあいまいで、国が定めた予防接種が一通り終われば記入しなくなることがほとんどだと思います。もちろんそれだけでも大変大きな情報量だけれど、子供時代を「親元にいる20年」だと考えた時に、母子手帳に書けることはもっともっとたくさんあるのではないでしょうか?

例えば、大きくなってからも、任意でインフルエンザの予防接種をすることがあります。急性の病気になったり、怪我をして手術をしたりすることだってあります。そういった、自分の過去の記録は、毎回病院が違えばまとまった情報として残ることはありません。誰かが整理して管理できるとしたら、親しかいないわけです。まさに親にしかできない20年の記録を、子供に残してあげることは、将来の健康管理を支える大きな財産になります。

SPONSORED LINK

「20年をつづる母子健康手帳」入手困難?どこで手に入れる?

この20年使える母子手帳。将来子供ができたらぜひ使いたいと思ったけれど、日本では注文が殺到していて、手に入るのか心配です。20年を記録したいという思いは世の中のお母さん共通の願いなのかも。でも、実は海外在住日本人のお母さんは無料で手に入れられる可能性が高いですよ。

「20年をつづる母子健康手帳」は、もともと海外在住者のために作られた。

「20年をつづる母子健康手帳」は、親子健康手帳普及協会によって作成され、もともと海外在住日本人に向けて配布されていたものです。「母子健康手帳」は母子手帳の正式名称であり、日本では役所に妊娠届をだせば誰でももらえます。しかし、海外在住日本人は現地で妊娠期間を過ごすことが多く、母子健康手帳を受け取れない人もいます

関連記事: 海外住みの日本人妊婦も現地で母子手帳がもらえます。

このような日本人に母子手帳を授け、海外でも安心して子育てができるようにと考えられたものが、「20年をつづる母子健康手帳」です。これが好評だったため、のちに日本でも販売されるようになりました。

日本国内では入手困難?どこで手に入る?

日本国内では有料販売となりますが、ニュース記事にて「販売休止」というワードを見て、人気の様子が伺えました。しかし実際のところは、一部の販売代行店での販売が終了しただけで、他の店舗では引き続き販売されているみたいです。

風間書房のホームページでは2017年2月10日での販売終了を伝えていますが、その後は「ベビーザらスの店舗」及び「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」にて購入できるとのことです。

20年をつづる母子健康手帳(2017年版)につきましては、大変多くの反響をいただき、注文が殺到いたしました。

弊社において、委託されておりました在庫がなくなりましたので、2月10日17時をもちまして販売代行を終了させていただきました。誠にありがとうございました。

以降ご購入希望のお客様には、申し訳ございませんが何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

尚、販売代行は、日本トイザらス株式会社に移行いたしまして、

2月2日よりベビーザらス単独店全国9店舗(宇都宮店、府中店、港北ニュータウン店、名西店、東大阪店、阪急宝塚店、HAT神戸店、豊中店、熊本店)

および「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」にて取扱い開始しております。 ご購入希望の方は、下記よりお買い求めいただきますようお願い申し上げます。

風間書房-「20年をつづる母子健康手帳」販売代行終了のお知らせ(2017.2.17) (アクセス日:2017.2.25)

↓ 実際「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」上で確認したところ、ちゃんと購入画面まで進めることができました。

↓ 購入画面へ・・・

「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」では、4,900円 (税込)以上購入すると送料無料になります。確かに、この購入画面のまま行くと母子手帳1冊で1000円超えになってしまうので、せっかくならいろいろ一緒に買ったほうがいいかも。

この記事をシェアする

著者について

由子

由子

中国上海在住。大都会上海が大好き。新海誠監督の「秒速5センチメートル」が好き過ぎるので、ブログ名にしてしまいました(o^^o)
日本と海外両方を拠点に生きるための便利情報、日常で気になるアレコレ、を独自の視点で発信しています。
中国語HSK5級、TOEIC970点を1回で取得。最近はTOEIC受験対策中心に記事書いてます。 [詳細]

folder ★★フラワーアレンジメント・生け花

【フラワーアレンジメント】オアシス(給水フォーム)の作り方
more...