ごせんちめーたー

上海在住新大阪人(一時帰国中)。妊娠中にTOEIC初受験し、970点達成しました。

出産費用が払えない!?困った時に公費出産できるってホント?

calendar

reload

出産費用が払えない!?困った時に公費出産できるってホント?

例えばの話。

病気や怪我、親族の不幸で、家族の収入がなくなった。

頼れる人もいない。

そんな状況を想像する時、想像しただけで怖いのですが、

子供を授かっていたらもっと怖いなと。

それでも子供を産むことはできるのかな、と不安に思いますよね。出産費用が払えない!なんてことになったら・・・

人生なにがあるか分からないし、情報弱者にならないためにも、知りたいですよね。国のサポートのこと。

たくさん調べて勉強してみて驚いたんですが、日本の社会福祉制度って結構充実してるんです。

最悪本当に無収入でも、安全安心な出産はできるかもしれませんよ

出産とその後の育児を経済的にサポートするために、日本にはさまざまな制度があります。

それらをうまく組み合わせると、仮に経済的に苦しくても、やっていけます。

SPONSORED LINK

①出産育児一時給付金

これは、国保などの健康保険加入者であれば、どんな世帯でも、出産する人なら誰でももらえるものです。これは収入の有無の関わらず絶対入ってくるお金なので、まずはこれを第一に考えます。

  • 給付額 42万円 *2018年現在  *この中には産科医療保障制度として支払うための1万6000円が含まれます
  • 出産や子育て準備にかかるお金をこれでまかなってくださいね、という制度
  • 妊娠12週以上の出産が条件。
  • 出産後、申請し受け取りますので、それまでは病院で出産費用の実費を立て替えます。
  • 出産費用の立て替えが難しい場合、「直接支払い制度」を利用します。そうすると、出産後に自治体から直接病院に支払ってくれます。これは出産する病院で申請すればOK。「出産育児給付金 - 出産費用」がプラスの場合は、その分が自分に振り込まれます(役所または保健センターに行って自分で申請する必要があります)。マイナスの場合は、差額を自分が病院で支払って、終了です。

この制度があるおかげで、たいていの人は出産費用の自己負担は少ないですよね。

公立病院で通常分娩なら、出産費用が安いのでプラスになって数万円戻ってくるかもしれません。

でもでも、よーく見てください、この制度の名前。

「出産育児一時給付金」

せっかくもらったお金も、ほとんどが出産費用になってしまうのであれば、「育児」に使える分なんて、全くないか、ほんのわずか。なのに「育児」ってついているんです。

もし、出産に関して国からの別のサポートを受ける場合には、このお金は「育児」にまわしてもいいよ、ということですよね。

じゃあこれ以外にも他にどんなサポートが受けられるんでしょうか。

SPONSORED LINK

②助産制度

これは、経済的に困難な世帯が出産を行うとき、国が出産費用を負担してくれる制度です。出産育児一時金とは別で申請することができます。分娩から、退院までの、「出産」部分にまつわる費用が無料もしくは大幅減額になります。本当に出産費用が捻出できないという時は、とても助かります。

児童福祉法22条にも、ちゃーんと規定されている制度です。

第二十二条 都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村(以下「都道府県等」という。)は、それぞれその設置する福祉事務所の所管区域内における妊産婦が、保健上必要があるにもかかわらず、経済的理由により、入院助産を受けることができない場合において、その妊産婦から申込みがあつたときは、その妊産婦に対し助産施設において助産を行わなければならない。ただし、付近に助産施設がない等やむを得ない事由があるときは、この限りでない。

児童福祉法-2018.1.15

以下の世帯に該当する場合には助産制度を申請できます。

  • A 生活保護等の、支援受給世帯

(ただし、この場合は出産育児一時金は受け取れません。育児費用は生活保護費でまかないます)

  • B 市民税非課税世帯

(市民税は所得によって決まりますので、収入のない人は非課税に該当します。)

市町村区によって、申請の仕方は違うのですが、一般的には以下のものを用意するようです。

  • 母子手帳
  • 住民税の非課税証明書*
  • 保険証

*非課税証明書は、出産時期によって、前年度・本年度どちらが必要か異なります。例えば、4月~6月出産の場合は、前年度のものが必要な場合があります。自治体に確認してください。

注意点① 審査がある

申請時は、面接審査があります。他に出産費用をサポートしてくれそうな親族がいるかどうかなど、制度利用の必要性を吟味されます。審査に通ってから無事この制度を利用できることを忘れずに。必要書類はしっかり準備して、情報をクリアにしておきましょう。

注意点② 一部自己負担。

助産制度利用の場合、出産費用は公費負担ですが、収入に応じた一部自己負担金が必ずあります。負担金の額は、対象者世帯区分に応じて次のとおりとなります。

A 生活保護等の、支援受給世帯

負担金   0円

B 市民税非課税世帯 

負担金 80,800円

出産育児一時金を受け取る際に、この負担額が引かれて入金されることが多いようです。

また、分娩・入院費用以外の雑費(消耗品や、お産セット、個室利用など)は自己負担ですので注意しましょう。

注意点③ 出産する病院は限定される。

この制度を利用する場合、助産施設として自治体が指定している病院でしか出産できません。それぞれの自治体に確認してください。また、今はほとんどの自治体が、ホームページで指定の助産施設を公開しています。

指定と言ってもいくつかの選択肢から選べますし、基本的に公立の総合病院が多いようです。

試しに大阪市で調べてみると、結構たくさんありました。

助産施設一覧

十三市民病院
住吉市民病院
総合医療センター
済生会中津病院
愛染橋病院
済生会野江病院
大阪府立急性期・総合医療センター
大正病院附属産婦人科クリニック
マザーゆり助産所
植田産婦人科
脇本産婦人科
大阪暁明館病院

注意点④ 妊娠後すぐに申請できない

妊娠がわかったからといって、すぐに申請できるわけではないそうです。出産予定日の2ヶ月前が目安です。そのためこの制度を利用したい場合は、事前に指定の助産施設(前述)での妊婦検診や分娩予約をしておく必要があります

SPONSORED LINK

出産費用が払えない時どうする?<まとめ>

参考までに、出産育児一時金と助産制度を両方利用した場合、手元にいくらのお金が残るのでしょうか?

<[B世帯]市民税非課税世帯の場合>

出産育児一時金 42万円

- 産科医療保障制度 1万6000円

- 助産制度自己負担額 8万800円

- 病院での雑費 2万円(例)

= 30万3200円

この通りに行けば、約30万円は手元に残ることになります。とても大きな額ですね。

「出産育児一時金」と呼ばれている通り、残ったお金は育児費用にまわすことができます

 

この記事をシェアする

著者について

由子

由子

中国上海在住。大都会上海が大好き。新海誠監督の「秒速5センチメートル」が好き過ぎるので、ブログ名にしてしまいました(o^^o)
日本と海外両方を拠点に生きるための便利情報、日常で気になるアレコレ、を独自の視点で発信しています。
中国語HSK5級、TOEIC970点を1回で取得。最近はTOEIC受験対策中心に記事書いてます。 [詳細]

folder ★★フラワーアレンジメント・生け花

【フラワーアレンジメント】オアシス(給水フォーム)の作り方
more...